中華タブレット比較

おすすめ人気タブレット、中華パットレビューと販売店

*

ハイスペック「CHUWI Hi8」に Pro仕様タブレットが登場。もちろんデュアルブート

   

デュアルブート中華タブレット「CHUWI Hi8」に後継機種の「CHUWI Hi8 Pro」が登場しました。もちろん、高解像度の IPS(1920×1200)IPS液晶でフルHD、CPUはIntel Cherry Trail Z8300 1.84GHz(MAX)搭載となります。
  
CHUWI Hi8 Pro DualOS(WIN10)

 

CHUWI Hi8 Proの基本性能・スペック一覧

ハイスペックデュアルブート中華タブレット「CHUWI Hi8」の基本スペックを纏めました。
  
■型番 CHUWI Hi8 Pro
■CPU Intel Cherry Trail Z8300 1.84GHz(MAX) ← 前機種CHUWI Hi8 は2.16GHzでした。
■OS Windows10+Android5.1 ← 前機種CHUWI Hi8 は Android4.4+Windows8
■メモリー 2GB
■ストレージ 32GB
■液晶サイズ 8インチ
■解像度 1920×1200(IPS) ← 高解像度!
■カメラ フロント(30万画素) リア(200万画素)
■タッチパネル 静電式
■スピーカー 内蔵
■マイク 内蔵
■無線 802.11b/g/n
■有線 非対応
■3G 非対応
■Bluetooth 対応
■GPS Wi-Fi GPS対応
■Gセンサー 4辺回転
■バッテリー 5000mAh ← 非常に大容量!!
■本体サイズ 約207.4×122.1×7.9mm
■本体重量 約350g ← 前機種CHUWI Hi8 は310gでした。
 
画面の解像度はフルHDの1920*1200と非常にハイスペック。前機種と同じ高い解像度でお勧めおポイント。MicroSDカードの容量は最大64GBまで対応となります。カメラはフロントが30万画素、リアが200万画素。またOffice365のライセンスが付属していますのでWindows10でブートすればOfficeも使いこなせます。
 
バッテリーは4000mAhと前の機種とくらべてサイズダウンしています。MiniHDMI端子はこのモデルにはついていません。MiniHDMI端子があるとテレビやパソコンモニタへ接続できるのでいいですよね。
 
搭載OSは、AndroidとWindowsを両方ブート可能なデュアルブート仕様です。前機種と比較すると最新バージョンを搭載しています。Androidha4.4➡5.1に、Windowsは8.1➡Windows10にバージョンアップしています。
 

CHUWI Hi8のレビュー・口コミ情報

>>動画投稿サイトYoubueにはレビュー動画があります。
ゲームがサクサクと動作していますので、やはりintelクアッドコア2.16Ghzは快適の模様です。


 
■おすすめポイントのまとめ
私の主観ですがこの中華タブレットCHUWI Hi8 pro のおすすめポイントはこれ。

・8インチ液晶IPS晶1920*1200を搭載し明るくなった
・デュアルブートでOffice付き
・最新OSを搭載

・この価格でSIMフリー中華タブレットであれば最高峰のタブレットでした。この点は残念です。でも価格をみると1万円少々で販売していますので、お買い得思います。
 

CHUWI Hi8の販売ショップ情報

■今回ご紹介した中華タブレットです。アマゾンで12000円前後で販売しています。タブレットランキングの中でも結構上位に位置する人気の機種になってきました。口コミも多数ありますので、ご参考に参照下さい。

 - 8インチ, CHUWI 中華タブレット, デュアルブート

 Total 3,283 views