中華タブレット比較

おすすめ人気タブレット、中華パットレビューと販売店

*

Windows10搭載中華タブレット「Colorfly i820」MicroHDMIポート有りで、大型テレビでビデオ鑑賞がお勧め

   

中華タブレットの中でも品質、コストと安定して人気爆発中の販売メーカ「Colorfly」から、WindowsOSを搭載した格安中華タブレットが発売されました。その名前は「Colofly i820」。SIMカードスロットは未搭載ですがColorflyは品質がいいと口コミで評判の中華タブレットですので注目です。
 

Colorfly i820 中華タブレットHDMI出力可

Colorfly i820の性能・実力は

基本性能は以下のとおりです。
Colorfly i820はColorfly社の中華タブレット機種バリエーションの中の一つ。
有名どころは8インチSIMフリー「G808」「E708」シリーズです。最近ではカラフルなオシャレタブレットも発売しています。
 
■型番 Colorfly i820 Ultimate
■CPU Cherry Trail T3 Z8300
■メモリー 2GB
■ストレージ 32GB
■液晶サイズ 8インチ
■解像度 1280×800(IPS)
■カメラ フロント(200万画素) リア(200万画素)
■タッチパネル 静電式
■スピーカー 内蔵
■マイク 内蔵
■無線 IEEE 802.11 b/g/n
■有線 非対応
■3G 非対応
■Bluetooth 対応
■GPS Wi-Fi GPS対応
■Gセンサー 4辺回転
■I/Oポート MicroHDMI有り
■バッテリー 4200mAh
■本体サイズ 約207.3mm×122mm×9.4mm
■本体重量 398g
■OS Windows10
 
画面サイズは8インチ1280×800(IPS)を採用しています。この大きさはとても見やすく、電子書籍の閲覧や、ゲーミングパッドにぴったりサイズです。
 
中華タブレットに搭載するバッテリー容量は、なんと4200mAh。8インチタブレットとしては比較的大きめ容量を搭載しています。十分な容量を搭載していますので、持ち運び外で動画やネットを利用しても十分使えるバッテリー容量になります。少し前の中華タブレット8インチでは、3000mAhも搭載していれば十分と評価していましたが、この「Colorfly i820 Ultimate」は4200mAhも搭載しており、お勧めポイントの一つになります。
 
また重さは398gとすこし重めになりました。長時間片手でもってソファーに寝転がりながら動画をみると、少しが疲れるかもしれません。
 
その他、私が一番お勧めするポイントは「HDMI端子を搭載」している点です。HDMI端子を搭載したタブレットは比較的少ないです。たしかに不要かもしれませんが、自宅のテレビに出力して、大画面で動画をみたり、Youtubeを見たり、とりだめた秘蔵映像をみたり、、、と便利ですので、私はHDMI出力できる中華タブレットである点を、お勧めポイントの1つとしています。
 

<まとめ・おすすめポイント>
・Windows10を搭載した中華タブレット
・HDMI端子を装備
・大型バッテリー4200mAh

 

Colorfly i820 Ultimateの口コミ評判のまとめ


Youtubeで探したColorfly i820 Ultimateの紹介動画です。
 

Colorfly i820 Ultimate販売店

 
販売価格: 14,000 円前後
 
中華タブレット販売の専門店、「赤札天国」で販売していました。
>>赤札天国の中華タブレット販売ページへ行く

 - 8インチ, Windows搭載タブレット

 Total 639 views