中華タブレット比較

おすすめ人気タブレット、中華パットレビューと販売店

*

人気8インチ中華タブレット「Colorfly G808」、しかも3G SIMフリー対応で11,500円超お買い得。

      2016/06/05

中華タブレット販売メーカ「Colorfly」からオシャレな色使い、背面パネルの中華タブレット「G808」が販売されていますが、SIMフリー対応の中華タブレットで、1万円を切る超お買い得価格で販売しています。
 
Colorflyは品質がいいと口コミで評判の中華タブレットです。

10301426_5632ff9bb3bd8

原道Colorfly G808の性能・実力は

基本性能は以下のとおりです。
G808オクタコア版はColorflyの機種バリエーションの中の一つ。
有名どころは8インチSIMフリー「G808」「E708」シリーズです。
 
■型番 G808
■CPU MTK6580 オクタコア 1.3GHz
■メモリー 1GB
■ストレージ 8GB
■液晶サイズ 8インチ
■解像度 1280×800(IPS)
■カメラ フロント(30万画素) リア(200万画素)
■タッチパネル 静電式
■スピーカー 内蔵
■マイク 内蔵
■無線 IEEE 802.11 b/g/n
■有線 非対応
3G 対応
■Bluetooth 対応
■GPS 衛星GPS対応
■Gセンサー 4辺回転
■バッテリー 3000mAh
■本体サイズ 約185×116×9.5mm
■ファームウェア Android 5.1
 
画面サイズは持ち運びにベストサイズといわれている7インチタブレット、G808は一回り画面が大きい8インチサイズで、高解像度。とても見やすいと思います。
 
CPUにはクアッドコア(4 コア)を搭載していますので、マルチタスク処理もサクサク動作します。最新タブレットはオクタコア(8コア)も搭載しているハイスペック機種もありますが、実際のところ4コア以上もあれば十分です。

バッテリーは7インチタブレットとしては大きめ容量を搭載しており3000mAhとなりました。。十分な容量を搭載していますので、持ち運び外で動画やネットを利用しても十分使えるバッテリー容量だと思います。7インチ中華タブレットとしては標準サイズのバッテリー容量です。
 
また288グラムと非常に軽量な中華パッドですので、片手でもってソファーに寝転がりながら動画をみても手が疲れないと思います。
 
また、中華タブレットの厚さですが、バッテリー容量はUpしたのに、薄さが「9.5mm」と薄くなり、軽量化を図ってます。薄くなったので、とても持ちやすくなっていると思います。
 

おすすめポイント

・激安1.5万円以下
・3G SIMロックフリー
・カラー(水色)がオシャレ
・Android 5.1搭載
・9.5mmのスリムボディ
・ハイスペックオクタコア

 

Colorfly G808 3Gの口コミ評判のまとめ

SIMフリー3G対応の中華タブレットはお勧めです。


 
外に持ち運んでつかえるので、とても便利です。私はこの会社の「G808」を実は購入しています。車に搭載しカーナビの上部に並べて装着しています。
 
ネットラジオを聞いたり、Youtubeを視聴したり、音楽を自宅PCからストリーミング配信したり。いろいろできますので、絶対SIMフリー中華タブレットをお勧めします。
 
DoCoMo経由のMVNOシムであれば問題なく装着できると思います。
 

Colorfly G808 3G販売店

↓7インチ版G708


 
↓8インチ版G808

 
>>赤札天国もチェック

 - 7インチ, Colorfly 中華タブレット, SIMフリー3G対応中華タブレット

 Total 3,681 views