中華タブレット比較

おすすめ人気タブレット、中華パットレビューと販売店

*

ColorFly G808 3Gのファームウェアを(更新)焼直しする手順をまとめました。

   

G808 3G で初期インストール済みのTOOL削除や、内部ストレージ拡張してからか、いろいろ不便なことがあったので、思い切ってファームウエア更新を行いました。 方法をメモしたいと思います。

事前の準備とダウンロード

私の持っている中華タブレットG808 3Gのファームウェアバージョンですが
今ファーム:ビルド番号 G808 3G_SV1.13_HV1.00_20140801_JPN
新ファーム:ビルド番号 G808 3G_SV1.16_HV1.00_20140825

colorflyのサイトから新ファームのファイルと書き込み用ソフト(Flash Tool)をダウンロードします。
 http://www.colorful.cn/ColorfulProductdetails.aspx?id=14075c83258bc182493cbcd94a4b3d1e76fc
ファーム本体:文件名:G808 3G、ファイル名:G808 3G_SV1.16_HV1.00_20140825.rar
書き込みソフト:MTK.rar
をダウンロードします。 >
作業用のPC:Windows 8 Proです。

USBドライバのインストール

 MTKDriver_Auto_Installer_v1.1236.00 フォルダ内の Install.bat を実行すればいいのですがツール自体がWindows7までしか対応していない模様です。そこで.batファイルをテキストエディタで開き、以下の1行を追加します。

■13行目あたりに追加
 for /f %%i in (‘ver^|find “6.3.”‘) do echo Win 8 && set osrecognized=1

ColorFly G808 3Gのファームウェア
 G8083G用ドライバをPCへ自動でインストールしてくれます。 途中、Windowsから署名の無いドライバのインストールの警告が何度か出てきますが気にせず突き進みます。

ファームウエアのアップデート

・MTKSP_Flash_Tool_v5.1346.02 フォルダ内の flash_tool.exe を起動します。

・「Download」タブを開きDownload-Agent欄に、MTKSP_Flash_Tool_v5.1346.02 フォルダ内のMTK_AllInOne_DA.bin を指定します。

・Scatter-loading File欄には、G808 3G_SV1.16_HV1.00_20140825 フォルダ内の MT6582_Android_scatter.txt を指定。

・Scatter-loading File欄の下の選択欄は「Download Only」のままでOKです。

ColorFly G808 3Gのファームウェア

 この状態で左上の「Download」ボタンを押します。その後に、電源を切った状態のG808をUSBケーブルで繋ぎます。

正常なら、接続直後にG808の電源が勝手に入り、ファームの書き換えが始まります。 下のプログレスバーに黄色で進行度合いが表示されます。 最後に「Download OK」の窓が出れば完了。

 - Colorfly 中華タブレット

 Total 3,196 views