中華タブレット比較

おすすめ人気タブレット、中華パットレビューと販売店

*

GPD Q88+Androidゲームパッド型中華タブレット、大画面で1万円!

   

この前ご紹介した「GPDG58」に続き7インチゲームパット型中華タブレットの「GPD Q88+」が発売されます。GPD Q88+もLTE 3G回線は非対応の中華タブレットです。この大画面は圧巻!
GPD Q88+

GPD Q88+の性能・実力は

ゲームパッド型GPD Q88+中華タブレットの性能をまとめました。
基本性能は以下のとおりです。

■型番 GPD Q88+
■CPU RK3188 Cortex-A9×4 クアッドコア 1.6GHz(MAX)
■メモリー 1GB
■ストレージ 8GB(システム領域含む)
■液晶サイズ 7インチ
■解像度 1024×600 IPS液晶
■カメラ リア(30万画素)
■タッチパネル 静電式
■無線 IEEE 802.11 b/g/n
■有線 非対応
■3G 非対応
■Bluetooth 非対応
■GPS 非対応
■Gセンサー 4辺回転
■バッテリー 5000mAh

画面サイズは7インチで、携帯ゲーム機より大幅に大きい大画面です。この大きさでゲームをするととても臨場感があります。CPUにはクアッドコア(4コア)を搭載していますので、マルチタスク処理もサクサク動作し、まさにゲームに最適ではないでしょうか。

バッテリーはなんと5000mAhも搭載していますので、持ち運び外で動画やネットを利用しても十分使えるバッテリー容量です。7インチ中華タブレットとしては大き目のバッテリーを搭載しています。

この中華タブレットの最大の特徴は、ゲームに特化した形です。コントローラーがタブレットと一体していますので、操作性抜群であるところがおすすめポイントです。

もちろん標準でAndroidマーケットに対応していますので、ストアからサクサクゲームをインストールできます。

■GPD Q88+の販売情報です。
赤札天国で予約開始しています。しかも販売価格がなんと10,980 円。って超激安じゃないですか。これで3GSIM対応だったら完璧でしたね。
http://akafudatengoku.com/products/detail.php?product_id=5913
⇒赤札天国

<おすすめポイント>
・クアッドコアでサクサク動作
・ゲームぱっと型でコントローラ一体
・1万円前後で販売される価格帯
・大画面ゲームパット型中華タブレット
・大容量バッテリー

唯一残念な点は、3G/LTE SIMに対応していないところだけですね。

GPD Q88+の口コミ評判のまとめ

発売前の中華タブレットGPD Q88+ですので、まだ口コミ情報は少ないです。
<いい口コミ評判>
<悪い口コミ評判>

■youtubeで本中華タブレットGPD Q88+の投稿動画がありました。


中華タブレットの販売ショップ

中国のネットショップで直接購入することもできますが、リスキーですのでお勧めしません。日本にはいくつかの中華タブレット販売店と実績・口コミ評価のあるお店がありますので、専門の販売店と人気店で購入することをお勧めします。

口コミ情報にもありますが、中華タブレットは日本で購入する家電製品のような高品質を求めてはいけません。そのため、販売店の保障やサポートが充実しているショップを選択すべきです。

■赤札天国の予約受付情報です。
GPD Q88は1万円前後で販売されるお買い得中華タブレットだという感想です。

中華タブレットは今SIMフリー版が多く発表されるようになりました、今一番おすすめのSIMフリー中華タブレットは、原道のN70というものがあります。原道N70はSIMフリー中華タブレットでMVNOのSIMカードを指して使うことができます。
しかも1万円しません!
■N70 3G simフリーの販売情報です。
[rakuten]tabtab:10000921[/rakuten]

■中華タブレット販売実績のある中華タブレット販売専門店をまとめました。
>>タブレット販売店の一覧を見る
[rakuten]tabletpckoubou:10001005[/rakuten]

 - GPD 中華タブレット

 Total 723 views