中華タブレット比較

おすすめ人気タブレット、中華パットレビューと販売店

*

SIMフリー3G対応中華タブレット、Ainol Novo7 AX3 3G BT GPS

   

SIMフリー、3GLTE対応の中華タブレットAinol Novo7 AX3 3G BT GPSです。販売価格が1万円を前後の激安SIMフリーの中華タブレットです。

Ainol Novo7 AX3

SIMフリータブレットとは

SIMフリー中華タブレットとは、docomo,au,softbank等の通信事業者の電波網を利用して通信できる規格です。

家の中では無線LANがありますので、SIMフリー未対応タブレットでも問題ありませんが、家の外にでると電波がないため通信できません。しかしSIMフリー対応タブレットは、docomo,au,softbank等の通信事業者の通信カード「SIM」を装着できますので、通信事業者の電波が届く範囲内であればネットワークに接続できます。

SIMフリーのタブレットは携帯事業者の割引が適用されないので端末価格は少し高めです。しかし中華タブレットであれば、1万円~2万円で購入できます。SIMフリー端末はすくなかったのですが、最近はSIMフリー対応の中華タブレットの台数が増えてきました。

Ainol Novo7 AX3 3G BT GPSの性能・実力は

Ainol Novo7 AX3 3G BT GPSは中華タブレットでは有名なAinolから発売された7インチ 3G搭載タブレットです。

基本性能は以下のとおりです。
OS:Andorid4.2.2 Jelly Beanを搭載
MediaTek MT8382 Quad-core A7
GPU:Mali-400 x2
メモリ:1GB
ストレージ:16GB
Bluetooth:あり
GPS:あり
Gセンサー:あり
液晶:7インチ(1024×600ピクセル) IPS液晶画面
カメラ:フロントあり/リアあり
バッテリー:2500mAh
充電:USB経由
重量:286g
その他:声通話とデュアル SIM 対応

携帯電話やNexus7と性能を比較してお劣ることはない高性能です。しかもCPUにはクアッドコア(4コア)を搭載していますので、マルチタスク処理もサクサク動作します。
特に、音声通話ができるタブレットは非常に少ないですが、このCUBE Talk7は音声通話に対応したアプリが搭載されますので、見逃せません。
価格は7インチサイズ「AX3」が599元(約10,000円)、7.85インチサイズ「BW1」が799元(約14,000円)で、AX3/BW1の2モデル発表されました。

<おすすめポイント>
・USB経由で充電できる
・GPS搭載
・Bluetooth搭載
・3Gネットワーク対応、SIMフリータブレット
音声通話が可能!
デュアルSIM対応!

Ainol Novo7 AX3 3G BT GPS口コミ評判のまとめ

発売前ですので、また口コミ情報がありませんでしたが、「3G対応」「デユアルSIM対応」ということでこの中華タブレットは絶対に人気が出ると思います。

性能表からも見れますが、基本スペックは問題なしです。あとは製品としての品質になりますが、とくに初期状態から問題がある粗悪なものではなさそうです。

しかも販売価格が599元と799元ですので、日本での販売価格は高くても2万円もしません。

中華タブレットの販売ショップ

中国のネットショップで直接購入することもできますが、リスキーですのでお勧めしません。日本にはいくつかの中華タブレット販売店と実績・口コミ評価のあるお店がありますので、専門の販売店と人気店で購入することをお勧めします。

■今回ご紹介した中華タブレットです。
[rakuten]tabtab:10000355[/rakuten]

■中華タブレット販売実績のある中華タブレット販売専門店をまとめました。
>>タブレット販売店の一覧を見る

 - ainol 中華タブレット, SIMフリー3G対応中華タブレット

 Total 389 views